乙女椿

オトメツバキ

淡桃色の千重咲きで、ユキツバキ系中輪椿。葉柄に微毛があります。

 江戸時代末の文政12年(1829年)の図譜に掲載。

 

 語句の説明 「一重の椿」「多弁の椿」「椿の白斑」「椿の絞り」「椿の蕊

inserted by FC2 system